驚愕のお水の世界

地味だった友達が高級品を着飾る程までに

久しぶりに中学校の時の友達から連絡が来て、喫茶店で会う事にしました。中学校以来会っていなかったので会うのは10年ぶりだと思います。中学校の頃は、地味な子だったので再会した時は全然誰だか分かりませんでした。身に着けているアクセサリーやバッグなどは全て高級な感じがして、気になって仕事は何をしているのか聞いてみたんですよね。その子は今キャバクラでナンバー入りをしていて、かなり稼いでいるらしくとても羨ましく思いました。丁度キャバクラではスタッフを求人募集しているらしく、体入に誘われ私も人生初のキャバクラのバイトを体験してみる事にしました。最初はやっぱり緊張してお客様と何を喋っていいか分からず黙り込んでしまったりもしましたが、徐々にですが慣れていき最後の方はお客様とも普通に会話できるぐらいまで緊張が無くなりました。私は元々地味な性格をしているのですが、このお仕事に携わっていると前よりかは少し明るく慣れた気がします。それに高収入なので友達みたいに高級ブランドを着飾れたりしてセレブ気分を味わえています。